カマ・キュイジーヌ

「カマ・キュイジーヌ」は嘉麻市の身近にある旬な素材を使った地産地消、食と健康の追求、持続可能な食、食文化の伝承など、色々な思いがかたちとなった料理です。自然や季節を慈しんだり健康的な食生活を重視しています。

キュイジーヌとは

「キュイジーヌ」は、フランス語で「料理」または「料理法」を意味する言葉です。
キュイジーヌは料理の芸術としても評価されており、創作性や技術を駆使して、独自の料理を創り出します。キュイジーヌは食文化や食の歴史を反映しており、地域の食材や伝統に根ざした料理が多くあります。また、近年では持続可能性や健康を考慮した料理も注目を集めています。
 
Wakaかえるおかゆ御膳(朝食)
カマキュイジーヌな朝食
カマキュイジーヌな朝食

里山地域料理(夕食後)

 
地域に伝わるレシピの再現
地産地消、旬な野菜果物を使った夕食です
おこげのあんかけとネギ味噌コロッケ
おこげのあんかけとネギ味噌コロッケ
釜と薪で炊いたご飯に旬な山野草の天ぷら
釜と薪で炊いたご飯に旬な山野草の天ぷら